部屋の中から

会社を辞めてぷらぷらしている男が趣味について何か書いていくブログ

2018/02/15(木) 面白かった記事

エンタメ

youtu.be

濃口シオカラ節が最高なんじゃ。(ゲーム内のアレンジの方が好きだけど)

 

 

講談社、「ヤンマガ」「モーニング」など6誌横断の定額制購読サービス - ITmedia ビジネスオンライン
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1802/13/news059.html

「週刊ヤングマガジン」「モーニング」など6誌が月額720円で定期購読できるほか、人気作品やオリジナル作品を1話単位で購入できる。

 

岡田麿里「型にはまらない感情描きたかった」、「さよ朝」完成披露で制作振り返る - 映画ナタリー
https://natalie.mu/eiga/news/269339

ここさけは好き、オルフェンズとあの花は最後以外は好き。さよ朝はどうなるか。

 

■入金済みのプロモツイートが不適切だとして停止され、Twitter Japan社に直接抗議に行った如月真弘さんのレポ - Togetter
https://togetter.com/li/1199037

そんなおじいさんがソファに座る私に対し、何十分も硬くて冷たい石の床に跪いている。座って下さいと頼みましたが、「こうすることになっています」と

これは本当なのだろうか? 

 

■海外レビューひとまとめ『真・三國無双8』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト
https://www.gamespark.jp/article/2018/02/14/78434.html

 芳しくない評価。

 

角界改革に大学教授が提案 「若手力士にFA制度を導入せよ」 (NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180214-00000010-pseven-bus_all&p=1

問題の核心は、部屋と相撲協会の二本立てになった特殊な組織形態にあると考えられる。会社や役所なら上部組織は下部組織に対して命令し権限を行使できるが、大相撲の世界では相撲協会よりむしろ各部屋のほうが大きな力を持っている。その点では業者団体や農協などに近い。そのため相撲協会はガバナンスを発揮できないし、部屋という密室の中で起きた力士への暴力なども隠蔽されてしまうのである。

 

 

ネタ

 ■

 夏が過ぎ、風あざみ・・・。気にするな。

 

 

 

テクノロジー

■「うわっ…はてなブログ、読みにくすぎ…!」最大の原因はコレ - オークニズム
http://www.okuni.me/entry/hatenablog-hard-to-read-cause

 ところで、あなたは「googleが推奨している文字サイズ」というのがあることをご存知だろうか?

一言でいうと

16px以上

 知らなかった。ていうか自分のブログの文字サイズすら把握していないことに気づいた。

 

■「神なの?」文字起こしが自動になる未来がやってきたとライター界隈が騒然 | 男子ハック
https://www.danshihack.com/2018/02/14/junp/google-voice-recognition.html

 ラジオの文字起こしで、試したい。けど、macでだけか?

 

科学

■空から降るウイルス、想定より千倍以上多かった | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/02/post-9518.php

ウイルスは高度1000メートル以上の上空にも存在し、日々地上に降り注いでいる。

 

■我々の思考はウイルスに操られている?ヒトの意識には古代のウイルスが関係しているという研究結果 : カラパイア
http://karapaia.com/archives/52253645.html

 最新論文ではさらに一歩進んで、古代ウイルスが人間や動物の脳細胞で健在であるばかりか、我々が知る思考というプロセスはそれがなければ生じなかったであろうほど重要であるらしいと論じている。

上の記事と併せると、人間はもしかすると日々アップデートされているのかもしれない。

 

■サメ肌を飛行機の翼に付けてみたらすごかった | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/020900062/?P=1

サメの楯鱗は、抗力を小さくして前進を容易にしているだけでなく、揚力を高めていることが明らかになった。今回得られた知見は、飛行機、ドローン、風力タービンにも役立つという。

 

■私はエクソンモービルから資金援助を受けた気候学者だった | NewSphere
https://newsphere.jp/national/20180213-4/

 気候変動の現実と緊急性、そして、気候変動に関する虚偽の情報流布を目的とした偽装団体への寄付について人々に疑念を植え付けようとするエクソンモービルの計画的な企ては、いまや公知の事実となって久しい。

社会

■「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/02/post-9523.php

日本では見かけないこのクォーンだが肉によく似た食感が好評で、ヨーロッパでは30年以上前からスーパーなどで販売され、特にビーガン(完全菜食主義者)やダイエッターの間で人気が高い。

ほう。

欧米の食卓に浸透するクォーンだが、その原料や生産方法はベールに包まれた部分が多いという。

 ん?

 

「手を抜いたら一生薄給だ」 みたいなリプがちらほらついてるけど、うまく手を抜いて時間作って勉強して転職するのが理想では。

 

■子どもに何か指示する時は圧倒的に「なんとか探検隊の隊長」になるのが良い: 不倒城
http://mubou.seesaa.net/article/456878346.html

 「自分のやっていることには意味がある」と思うと、つまらない作業も楽しくできる、と。なるほど。

 

■【感動】どん兵衛チキンラーメンの融合「どんチキ」が激ウマ! 超ハイブリッド麺の誕生 - エキサイトニュース
https://www.excite.co.jp/News/net_clm/20180205/TriviaNews_7073808.html

 1年に1回くらいしか食ったらダメなやつだ。塩分やばそう。後で買ってこよう。

[追記]

食べた。味が濃いどん兵衛とチキラー、という感想。単品で食う方がいいかな。

 

国際

■英フリゲート艦、南シナ海を航行へ 中国の反発必至 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3162191

 英国のガビン・ウィリアムソン(Gavin Williamson)国防相は12日、英海軍のフリゲート艦が来月、中国と周辺国が領有権を争う南シナ海(South China Sea)を航行することを明らかにした。「航行の自由」を示す狙い。