部屋の中から

会社を辞めてぷらぷらしている男が趣味について何か書いていくブログ

【J2大宮x新潟(2018/04/22日)】今期最高の試合運びを見た! が、決定力に難あり。

大宮 1-0 新潟

 

試合前から注目すべき点の多い試合だった。

前節怪我した渡部はなんと全治3ヶ月。

代役はもちろん奥井。

嶋田が前節に引き続きスタメンを獲得。

ルーキー奥抜が初出場をスタメンで飾る。

怪我明けのシモビッチがスタメンに復帰した。

そして河本がついにピッチに帰ってきた。

 

このメンバーで何が変わったか。

それは敵がいないスペースを使おうとする意識だ。

今日の試合はサイドから逆サイドへ各駅停車でパスを回す、いわゆる「U字パス」がほとんど見られなかった。

今までは下記のようなボールロストを何度もやらかしていた。

 

① パスの受け手があまり動かないので、パスのだしどころが無い。

② 消去法で右SBから右CB > 左CB > 左SB > 左SHとパスを回す。(あるいは、左から右へ)

③ ここで敵がプレスをかけてきて、サイドの狭いスペースで細かいパス交換をしているうちにボールを失う。

 

それなのに、今日はスペースを使うサッカーになっていた。

まず徹底的にシモビッチに当てに行く。

こぼれ球を大前や嶋田が狙う。

大前や嶋田が裏に抜けようとすると、それに反応して後ろからパスが出る。

嶋田が空けたスペースに奥井が入り込む。

奥抜がうまいこと動いてパスをもらい、ドリブルを仕掛ける。

ディフェンダーからワイドに張っていた選手にロングパスが入る。

 

総じて横ではなく、前への意識が非常に高かった。

敵が密集しているところに突っ込むのではなく、敵がいない隙をついてボールを前に運ぼうとする意思が感じられた。

どうしてこんなことが出来るようになったのだろうか。

おそらく、河本の存在が大きい。

パス能力が山越とは段違いである。

菊地と河本のどちらも前にパスを出せる。これはでかい。

それと嶋田と攻撃的SB奥井の相性が非常に良い。

お互いをよく見て、協力して敵陣を突破しようとしていた。

また、奥抜もデビュー戦とは思えぬ活躍を見せた。

大前も何があったのか前節までとは裏抜けの回数がまるで違った。

前線のメンバーがドリブルやトラップを駆使して、マークを剥がしてゴール前に突進する場面が何度もあった。

チャンスの山を築いた。

そして、今シーズン初のクリーンシート。

試合運びだけで言えば完璧である。

 

だが、結局得点は大前の直接FKの1点のみ。

シュートは沢山撃てた。しかしGKアレックス・ムラーリャを中心とした新潟守備陣が奮闘し、点を奪うまでには至らない。

正直はがゆい。

ただ、来節にも今日と同じようなサッカーが出来れば自ずと得点は増えるだろう。

期待したい。

 

今日の嶋田と奥抜の活躍で、横谷のSHとしての序列がずどんと下がった気がする。

今までの働きでは、あまりインパクトを残せなかった。

横谷は正念場を迎えた。