部屋の中から

会社を辞めてぷらぷらしている男が趣味について何か書いていくブログ

【J2大宮x岡山(2018/4/14土)】1stハーフの出だしだけ見せたサイドチェンジをずっとやろうよ

大宮 1-1 岡山

 

最初だけは良かった。本当に。

 

前半9分、左サイドのごちゃごちゃした空間でパス交換。いつもなら細かいパスを回しているうちにボールロストするのだが、珍しくワンツーが決まり、河面が抜け出すことに成功する。

クロスははじき返されるものの、クリアボールを横谷がシュート、嶋田がフリック、そして大前がヘディング。

1点もぎとる。

 

だけど、この得点をもって「良かった」と言いたい訳ではない。

良かったのは、嶋田だ。

今期の大宮は「サイドの狭い空間で細かいパスをつないだ後、前に出せずカットされる。あるいは後ろに下げて、隣の選手に一人ずつボールを渡していく」というのがお約束。

だが、本日右SHとしてスタメンを張った嶋田は違った。

 

試合開始数分後、右サイドの少し中央寄りにてボールを受け取った嶋田から左サイドで上がっていた河面にロングパス。

「おっ」と思わせる大きな展開。

その後、河面はクロスを上げることが出来た。

 

そしてハイライトは得点直後だ。右サイドに追い込まれ、例によってちまちまパス交換が始まったので、「はい、攻撃終わり」と思って眺めていた。すると、嶋田が少し下がってフリーでボールを受け取り、またも河面に糸を引くような美しいロングパスを蹴るではないか。

素晴らしいサイドチェンジだった。

今期の大宮において、最も美しいボール回しだった。

 

「今日の攻撃はひと味違う」と思った。

ここまでは。

残念ながら、その後はいつもと一緒だった。

つまり各駅停車のショートパスであり、遅攻である。

大した見せ場もなく、上田のFKで同点にされ、そのままずるずる試合終了。

首位相手に18位のチームが引き分けたんだから、「勝点1ゲットやったぜ」と喜ぶべきなのだろう・・・・・・。

 

嶋田のサイドチェンジ。

これをなんとか攻撃パターンに組み込んでくれないものですかねえ。

 

これで締めるのもなんなので、あと一つだけ付け加えると、山越に今後少しだけ期待したい。

山越のパス能力はかなり酷く、そのせいでいつもは近くの選手にちょこんとパスを出して、それで終わり。

ビルドアップでは全く役に立ってない。

しかし今節の試合終了間際、縦パスを成功させる。

更に逆サイへのロングパスまで見せた。今シーズン初めてではないか?

こういうのもっと頼む。