部屋の中から

会社を辞めてぷらぷらしている男が趣味について何か書いていくブログ

【J2大宮x松本(2018/04/01日)】攻守ともに進歩なし

大宮 2-3 松本

 

松本に3失点した後に、2点返して力尽きた。

1失点目は大宮左サイドを突破され、選手が集まったところで、右に展開。

走り込んできた前田にゴールを決められる。

奥井の詰めがだいぶ甘いように見えた。そのせいで普通にシュートを打たれた。

もう二歩くらい前に行けたのでは。

 

2失点目はCKをパウリーニョに決められた。競り合ったのはまたも奥井。奥井は2失点に絡んでしまった。

 

3失点目はセルジーニョ。大宮右サイドからクロス、ペナルティエリア内にいたセルジーニョがフリーでクロスをもらい、ゴールを決める。

「なんでこんなところで、どフリーになってるの!?」と思ったが、セルジーニョは中村と競り合うかに見せて、後ろに離れていた。中村は逆サイドのボールを見ていたので、セルジーニョが消えたことに気づけない。そしてフリーのセルジーニョにどんぴしゃのクロスが渡った。敵ながらあっぱれ、と言うしかない。

 

大宮の反撃の1点目は、FKで松本ゴール前に残っていた菊地に茨田からのロングフィード。それを頭で落とし、大前が拾ってゴール。

2点目は奥井のロングフィードを受けようとしたシモビッチが倒され、PK。

 

奥井を起用し、ひたすらアーリークロスをシモビッチと菊地に供給して、90分ずっとパワープレーしてる方が点が取れそう。 

 

上記の愚痴は熊本戦の後に書いたのだが、2点ともまさにそういう点の取り方だ。

相手を崩すことができていない。

それは攻撃が遅いからである。

カウンターがほとんどなく、相手が引いて守備の形が整ってから相手陣地に進入する。

こういう攻撃ばかりである。

それなら相手を崩すしかないのだが、ショートパスが多く、ただボールを持たされているだけ・・・となる場面が多い。

シモビッチに当てても近くに味方選手がいないため、こぼれ球を拾えない。

相手を崩せず、セットプレーで失点する。

毎回同じような試合を見せられているので、毎回同じようなことを書いているなあ。

 

それにしても守備の不安定さは深刻である。

しかし奥井の守備力は渡部ほどではなく、失点についてはある意味想定内。

だが、だったらもっと奥井の良さを活かす作戦を立ててほしい。

奥井からシモビッチ目がけて手当たり次第にロングボールを放り込む。シモビッチの周りにマテウスと大前を置いて、ボールを拾わせる。

人によっては「糞つまらん」と評されるサッカーだろうが、俺はこういうのが見たい。

もう「のんびりショートパス回し攻撃」は見たくないよ。