部屋の中から

会社を辞めてぷらぷらしている男が趣味について何か書いていくブログ

【J2大宮x金沢(2018/03/17)】遅い攻撃。しかし、かすかに見えた光明。

大宮 1-1 金沢

 

前節の徳島につづき、試合の初っぱなは金沢にフォアチェックを厳しくやられた。

ここで一人飛ばすパスが出ない。隣にいる人に順繰りにパスを回すだけ。

結果、普通にプレスをかけられて、DF/MFは前を向いてビルドアップすることが出来ず、ロングボールで逃げることになってしまう。

それを収められれば良かったのだが、なかなかうまくいかなかった。

DFラインを上げられずシモビッチも大前も下がってきてしまった。

大宮は細かいワンツー、くさびのパスとパスアンドゴーなどで何とか前進しようとしていた。これは今期の攻撃の特徴である。

しかしダイナミックな展開がないと読まれているのか、大宮がボールを持つと、金沢はめっちゃ人数をかけて取り囲んできた。

結果、ごちゃごちゃした中でプレーせざるを得ず、相手ゴール前にたどり着く前にミスでボールを失うパターンが多かった。

サイドチェンジがないんだよなあ。

また、高い位置でボールを奪うこともあまりなく、ショートカウンターも見られなかった。

手詰まり感があった。

ただ、徳島と違い金沢は前半の途中からフォアチェックからリトリートに守備戦術を変えた。

それで、大宮が敵陣でプレーする機会が増えた。

しかし、ことごとく攻撃がはね返される。

引いた相手を崩す工夫は特にない。

そのまま前半終了。

これはやばい、と思い始める。

 

後半も同じような感じだったが、菊地が前に出てボールを奪った後に取り返されて、途中出場の宮崎にいきなりゴールを許した。

見事なショートカウンターだった。山越が完全にデュエルで負けた。

後半77分のできごとだった。

今日も攻撃面で見るもの無しで1点に泣くのか・・・・・・。漂う暗雲。

しかし、そこからが前節とは違った。

なぜか急にサイドチェンジを使うようになり、金沢を左右に振り回すことが出来るようになった。

そしてマテウスが左から中央に折り返す > 大山のフリック?スルー? > 嶋田のミドルで同点。

これはいい攻撃だった。こういうのが見たかった。

結局同点止まりだったけれども、最後の15分くらいの攻撃には光明を感じた。

次節はワンツーの多用はやめてほしいわ。