部屋の中から

会社を辞めてぷらぷらしている男が趣味について何か書いていくブログ

【J2大宮x徳島(2018/3/10土)】マテウスの守備がひどすぎた

大宮 0-1 徳島

 

終始、徳島のプレスが効いていた。

大宮はなかなか前を向いて攻撃を仕掛けることが出来なかった。

得点以上に、差を感じる試合だった。

 

徳島戦で一番ヤバイのはマテウスの守備だった。

徳島が大宮の左サイドを攻めると、ほとんどフリーパスでゴール前まで突進することに成功していた。

マテウスは守備の際の位置取りが怪しく、徳島からしたら何の脅威にもなっていなかった。徳島は前を向いてパスをだし放題。ボールを取りに行っても、あっさりかわされる。

徳島は右サイドからチャンス作りまくっていたし、大宮の左サイドは明らかに狙われてた。

たぶん他のチームも今後狙ってくる。

また、今は茨田と三門のボランチ2枚だが、しょっちゅう中盤を突破されている。

これは二人の問題というより、右サイドを攻められているとき、マテウスがきちんと絞っていないからではないかと思っている。 

 

それでも攻撃力を考えるとマテウスを外すということはないだろうし、石井監督がどういう修正してくるか注目せざるを得ない。

素人判断ではFWを1トップにして、ボランチ3枚の方がいいと思う。

マテウスの代わりに左サイドをカバーする中盤の選手が必要だ。

 

良かった探しをするなら、GKの笠原。

前節ニアを抜かれまくった塩田の代わりに大宮で初出場。

まずは上々のスタートだった。ノーチャンスの1失点以外は非常に安心してみていられた。2点くらい防いだんじゃないか。