部屋の中から

会社を辞めてぷらぷらしている男が趣味について何か書いていくブログ

【親善試合・日本対ウクライナ】 安定の左サイド、破綻の右サイド、FWの墓場

日本 1-2 ウクライナ

 

1失点目はオウンゴールだが、ラキツキーにミドルシュートを打たせたのがそもそもよろしくない。

ウクライナの右サイド(日本の左サイド)からパスが回ってきた中盤の選手ラキツキーがなぜかフリーでシュートを打ててしまった。

酒井強と槇野と植田の3人がペナルティエリア内に入ってきたベセディンとコノプリャンカの2人をマークして、本田がサイドに残った左SBソボルを気にして、前に出られなかった。

山口と長谷部のボランチ二人は、直前まで(日本の)左サイドで守備をしていたので不在。

よく言えばウクライナによってうまく左から右にサイドチェンジされたということになるが、正直たいして速くもない展開だった。

ウクライナ戦において日本の右サイドは壊滅していた、と言わざるを得ない。

特に酒井強は試合を通じて、前の試合の宇賀神と同じくらいひどかった。

悲しいまでに一対一で負けていた。

2失点目も右サイドをぶち抜かれて、クロスを上げられた。

本田の守備もポジショニングがあまり効いていたとは言えない。

長谷部も横パスをカットされてピンチを数回作るなど、不安定。

酒井宏の重要性が怪我で増した。

替えが効かない選手になってしまった。

 

対照的に左サイドは安定していた。

長友はいつもの長友で、原口も攻守に奮闘していた。

しかし左SBも長友以外、頼りになる選手はいない。

長友も怪我したら、と考えると精神衛生上よくないことになる。

 

ひどいと言えば、FWもだ。全く見せ場がなかった。

スタメンは杉本だった。最近はよく代表で姿を見るが、特徴が未だに分からない。

時々ポストプレーを見せるが、大迫ほどではない。

裏に抜けたいわけでも、ドリブルをするわけでもない。

セレッソを追いかけていないので、強みがなんなのかさっぱり分からない。

自己主張が足りない。

そして交代で入った小林悠も同じである。

小林は日本代表に呼ばれ始めの頃は、分かりやすい選手だった。とにかく裏抜けを狙う、ということがはっきり分かった。

E-1では前線が停滞している中、小林だけが動いていた。

しかしそんな小林にパスは出なかった。

誰も小林の裏に抜けようとする動きに合わせない。

そのせいだろうか、最近は小林も裏抜けする機会がめっきり減った。

そして小林もまた特徴が分からない選手と化した。

Jのフォワードは、代表だとゾンビみたいに動きが鈍るのは何なのだろうか。

 

前も後ろも課題だらけで、本番までに修正しなければならない点が多すぎる。