部屋の中から

会社を辞めてぷらぷらしている男が趣味について何か書いていくブログ

【親善試合・日本対マリ】予想外、大島が良かった

日本 1-1 マリ

 

配球係・大島

代表で大島は当分見たくなかった。

過去2試合では、パスがことごとく短く弱々しく、何も期待できなかったから。

「萎縮しているのだろうか」としか思えなかった。

それなのに、今日の大島は今までとは全く違う振る舞いを見せた。

長谷部といい距離感を保ち、共にボールを狩り、キープし、サイドチェンジや速い縦パスを成功させていた。

私は手の平をぐるりと返す。

おや、大島が良い・・・?

マリが簡単に前を向かせてくれたこともあるが、日本が久々に軽快なビルドアップをやれていた。

しかし好事魔多し。

またも大島、負傷退場。

それからはいつもと同じくだらだらとしたボール運びに戻ってしまった。

残念すぎる。もう一回みたい。早く治して。

 

宇賀神

横パス失敗で数回ピンチを作る。危険なファールでイエローを食らう。ペナルティエリア内で相手選手を蹴り、PKを与える。結果、前半のみで交代。

45分でこれだけやらかした人も珍しい・・・。

 

中島

追いつめられたチーム全体の気迫で取った感じの得点だが、デビュー戦、しかも途中からの出場で点を取るとは。

次のチャンスももらえそう。

 

宇佐見と久保

どっちもそこそこ良かった。特に宇佐見。斜めの動きでボールをもらおうとすることは今までなかったように思う。

久保は前回最悪だった。「浅野とのポジション争いは終わった」と思っていたが、浅野が勝手に沈没。クラブで出場機会を失い、招集されない。どうなることかと思っていたが、復活していた。

ただ、大島という配球係がいなくなると、二人の輝きも消えてしまった。

 

マリ戦については中島の活躍がクローズアップされるのだろうけれども、個人的には大島の試合だった。