部屋の中から

会社を辞めてぷらぷらしている男が趣味について何か書いていくブログ

【魔人の少女を救うもの】失い続けた二人が一つだけ貴重な何かを得る話

GA文庫の新人賞作品「魔人の少女を救うもの」を読んだ。

 

本作の主人公ウィズは、はやりの異世界転生ものの主人公とは対極の立場にいる。

特に強くない。

特別な知識もない。

隠された能力もない。

善良なだけの、そこらへんにいくらでもいそうな冒険者である。

「英雄の親友」ということがウィズの唯一の特殊な要素になるのだが、それすら彼に有利に働くことはなく、むしろ英雄の足を引っ張る無能と蔑まれる。

 

ヒロインのアローンもまた悲惨な人生を歩んでいた。

彼らは偶然出会い、行動を共にすることになる。

道中、大なり小なり彼らはいろんなものを失い続ける。

しかし、一つだけ貴重なとある何かを手に入れることになる。

 

読者を無条件に気持ちよくさせる仕掛けはほぼない。

ウィズとアローンが得たものに価値を見いだせたら、読者の勝ちだ。