部屋の中から

会社を辞めてぷらぷらしている男が趣味について何か書いていくブログ

【少女は裏山へ薬草をとりに】妹が死ぬまでタイムリミット180分。180分をフルに活用して薬草をゲットせよ。

www.moguragames.com

 

こちらの記事を読んで「少女は裏山へ薬草をとりに」をプレーした。

「病に冒された妹が瀕死の状態。もうもたない。特効薬があれば治るかもしれない」

というごくシンプルな背景で、薬草探しがスタートする。

薬草探しと言っても裏山に行くだけ。そしてそこの熊を倒すだけ。

初回プレーでは一人で裏山に突っ込む。5秒で死ぬ。

次の回、勇者を雇ったが全滅。

更に次の回、勇者に必殺技を撃たせてみると、あっさり熊を討伐完了。やったぜ。

しかし、入手した薬草を見て「この薬草は特効薬ではない」と勇者が言い出す。

町に行って薬草を売って、クソ高い特効薬を買う。そして家に戻ると、妹が死んでいた。時間切れだそうです。

そう。なんと妹の余命は180分、3時間しか残されていないのだ。

助っ人を雇うと2時間経過。町の往復で1時間経過。つまり助っ人を雇うと必然的に妹は死ぬ。

まじかー・・・。

ならば、勇者ではなく妹を診ていた魔法使いと共に熊を倒そう。

しかし医者代わりの魔法使いがいなくなると、妹に残された時間はさらに半減。

おや?魔法使いと一緒に熊を倒すと町に行く時間がなく、特効薬が買えない・・・。

試しに薬草を妹に与えてみるものの、薬草は幻覚を見せる効果しかなかった。主人公は妹が治った夢を見て、そして。

町に行く1時間を考慮すると、魔法使い同行時は30分で熊を倒さねばならないようだ。だがその方法がなさそう・・・。どう考えても攻撃力が足りない・・・。

 

プレイヤーはここで「つまり、これは一人で熊を倒すしかないってこと?」とようやく気づかされる。

ここからが「少女は裏山へ薬草をとりに」の真のスタートとなる。

まず町に行き、一人で戦える装備を調える。熊と戦った後、もう一度町に行き特効薬を買う。これで2時間かかるから、熊と戦える時間は1時間。

1時間で熊を倒すための試行錯誤が始まる。

 

偶然の要素は一切なく、純粋に自分の立てた作戦がダイレクトに結果に跳ね返ってくるゲーム。

お勧め。