部屋の中から

会社を辞めてぷらぷらしている男が趣味について何か書いていくブログ

【J2大宮x新潟(2018/04/22日)】今期最高の試合運びを見た! が、決定力に難あり。

大宮 1-0 新潟

 

試合前から注目すべき点の多い試合だった。

前節怪我した渡部はなんと全治3ヶ月。

代役はもちろん奥井。

嶋田が前節に引き続きスタメンを獲得。

ルーキー奥抜が初出場をスタメンで飾る。

怪我明けのシモビッチがスタメンに復帰した。

そして河本がついにピッチに帰ってきた。

 

このメンバーで何が変わったか。

それは敵がいないスペースを使おうとする意識だ。

今日の試合はサイドから逆サイドへ各駅停車でパスを回す、いわゆる「U字パス」がほとんど見られなかった。

今までは下記のようなボールロストを何度もやらかしていた。

 

① パスの受け手があまり動かないので、パスのだしどころが無い。

② 消去法で右SBから右CB > 左CB > 左SB > 左SHとパスを回す。(あるいは、左から右へ)

③ ここで敵がプレスをかけてきて、サイドの狭いスペースで細かいパス交換をしているうちにボールを失う。

 

それなのに、今日はスペースを使うサッカーになっていた。

まず徹底的にシモビッチに当てに行く。

こぼれ球を大前や嶋田が狙う。

大前や嶋田が裏に抜けようとすると、それに反応して後ろからパスが出る。

嶋田が空けたスペースに奥井が入り込む。

奥抜がうまいこと動いてパスをもらい、ドリブルを仕掛ける。

ディフェンダーからワイドに張っていた選手にロングパスが入る。

 

総じて横ではなく、前への意識が非常に高かった。

敵が密集しているところに突っ込むのではなく、敵がいない隙をついてボールを前に運ぼうとする意思が感じられた。

どうしてこんなことが出来るようになったのだろうか。

おそらく、河本の存在が大きい。

パス能力が山越とは段違いである。

菊地と河本のどちらも前にパスを出せる。これはでかい。

それと嶋田と攻撃的SB奥井の相性が非常に良い。

お互いをよく見て、協力して敵陣を突破しようとしていた。

また、奥抜もデビュー戦とは思えぬ活躍を見せた。

大前も何があったのか前節までとは裏抜けの回数がまるで違った。

前線のメンバーがドリブルやトラップを駆使して、マークを剥がしてゴール前に突進する場面が何度もあった。

チャンスの山を築いた。

そして、今シーズン初のクリーンシート。

試合運びだけで言えば完璧である。

 

だが、結局得点は大前の直接FKの1点のみ。

シュートは沢山撃てた。しかしGKアレックス・ムラーリャを中心とした新潟守備陣が奮闘し、点を奪うまでには至らない。

正直はがゆい。

ただ、来節にも今日と同じようなサッカーが出来れば自ずと得点は増えるだろう。

期待したい。

 

今日の嶋田と奥抜の活躍で、横谷のSHとしての序列がずどんと下がった気がする。

今までの働きでは、あまりインパクトを残せなかった。

横谷は正念場を迎えた。

働いてないのに部屋の賃貸契約更新が出来るのかという不安

借りている部屋の契約更新をせよ、という不動産屋からのお便りが来た。

会社を辞めてからしばらくたつが、未だに働く気が起きない。

つまり無職である。

こんな状態で更新できるのだろうか。

まあ「会社やめた」って言わなきゃオッケーだろ、などと考えていた。

いや、むしろ何も考えていなかった。

とりあえず「更新する」と連絡する。

そして届く更新のための契約書。

自分の名前だけを書けばいい、わけではなかった。

その中には勤務先の名前と住所、電話番号を記入する欄があるではないか。

当たり前だ。

ここで初めて「やべえ」と思う。

会社を辞めてから、刹那でしか物事を考えられない。

さてどうするか。

「前の会社の名前を書いちゃう?」などというアホな考えが頭をよぎったことは否定できない。

しかし、そんな確認されたらすぐばれる嘘をつくのはやめようと踏みとどまる。

まだ理性は少しあった。

空欄で返すしかない。

「あ゛あ゛~、これあれか、不動産屋と交渉しないとダメなパターンか……」と想像し、激しく憂鬱になる。

記入済みの契約書を返送するのもおっくうになり、ずるずる引き延ばした。

締め切りの数日前になってから「仕方ない」と重い腰を上げ、郵便局へ向かった。

それからは検索である。

「無職 更新」「無職 引っ越し」…。

調べた結果、「一旦部屋を借りたら、その後無職になっても更新は可能。法律で保護されているらしい」「新しく部屋を借りることは相当難しい」ということが分かる。

 

・貯金額を見せる。

・1年分くらい家賃を前払いする。

・今まで毎月決まった日に家賃振り込んでたでしょ。信頼と実績あるでしょ。

 

などの対策を一応考える。

不動産屋からの電話がかかってくるであろうと臨戦態勢を整える。

ストレスに弱いので、湿疹が出来る。

 

そして来た。「更新」の印が押された契約書が。

あっさり契約は更新された。

いいのか大家さん。審査ガバガバではないのか。ありがとう。

また二年お世話になる。

セガとハンドレッドソードの記憶

www.4gamer.net

 

ファンタシースターソニックサンダーフォースもあんまりピンと来ない。

俺にとってのセガとは、サターンとドリームキャストであり、サクラ大戦であり、サカつくであり、ナイツであり、ハンドレッドソードであり、ジェットセットラジオなんだよな。

 

ハンドレッドソードは歴史ファンタジーSLGだ。

「悲愴」はゲーム史に残る名曲。

エキセントリックな姉さんが、雪の中を孤独に仲間を背負って歩いていくシーンのBGMだったような記憶がある。

サントラは何度も聞いた。

というか、今でも聞いている。

 

もうちょっと各キャラクターを掘り下げたらタクティクスオウガにも比肩する大傑作になっていそうなゲームだった。

が、クライマックスに突入する前にエンディングに入ってしまう。

魅力的なキャラクターをこれでもかと並べたのに、主人公の二人だけに焦点を当てて、他のキャラクターには特に言及もせずに終わってしまう。

本当に残念なゲームだった。惜しい。惜しすぎるゲームだった。

あー、当時のことをなんか思い出してきた。

絵も良かったな。

リメイクしてくれないかなあ・・・。

【J2大宮x岡山(2018/4/14土)】1stハーフの出だしだけ見せたサイドチェンジをずっとやろうよ

大宮 1-1 岡山

 

最初だけは良かった。本当に。

 

前半9分、左サイドのごちゃごちゃした空間でパス交換。いつもなら細かいパスを回しているうちにボールロストするのだが、珍しくワンツーが決まり、河面が抜け出すことに成功する。

クロスははじき返されるものの、クリアボールを横谷がシュート、嶋田がフリック、そして大前がヘディング。

1点もぎとる。

 

だけど、この得点をもって「良かった」と言いたい訳ではない。

良かったのは、嶋田だ。

今期の大宮は「サイドの狭い空間で細かいパスをつないだ後、前に出せずカットされる。あるいは後ろに下げて、隣の選手に一人ずつボールを渡していく」というのがお約束。

だが、本日右SHとしてスタメンを張った嶋田は違った。

 

試合開始数分後、右サイドの少し中央寄りにてボールを受け取った嶋田から左サイドで上がっていた河面にロングパス。

「おっ」と思わせる大きな展開。

その後、河面はクロスを上げることが出来た。

 

そしてハイライトは得点直後だ。右サイドに追い込まれ、例によってちまちまパス交換が始まったので、「はい、攻撃終わり」と思って眺めていた。すると、嶋田が少し下がってフリーでボールを受け取り、またも河面に糸を引くような美しいロングパスを蹴るではないか。

素晴らしいサイドチェンジだった。

今期の大宮において、最も美しいボール回しだった。

 

「今日の攻撃はひと味違う」と思った。

ここまでは。

残念ながら、その後はいつもと一緒だった。

つまり各駅停車のショートパスであり、遅攻である。

大した見せ場もなく、上田のFKで同点にされ、そのままずるずる試合終了。

首位相手に18位のチームが引き分けたんだから、「勝点1ゲットやったぜ」と喜ぶべきなのだろう・・・・・・。

 

嶋田のサイドチェンジ。

これをなんとか攻撃パターンに組み込んでくれないものですかねえ。

 

これで締めるのもなんなので、あと一つだけ付け加えると、山越に今後少しだけ期待したい。

山越のパス能力はかなり酷く、そのせいでいつもは近くの選手にちょこんとパスを出して、それで終わり。

ビルドアップでは全く役に立ってない。

しかし今節の試合終了間際、縦パスを成功させる。

更に逆サイへのロングパスまで見せた。今シーズン初めてではないか?

こういうのもっと頼む。

【J2大宮x山口(2018/4/7土)】ボランチのポジショニングがよく分からない

大宮 1-2 山口

 

シモビッチが怪我なのかベンチ外。代役はマルセロ。

その他、茨田の代わりに大山。中村の代わりに河面。奥井の代わりに渡部。

前節とはスタメンがかなり入れ替わっている。

しかしいきなりそのメンバーが失点に絡む。

試合開始早々、山口の前線からプレスにより自陣ゴール前でマルセロがキープ失敗。

ボールを奪われ、右サイドからクロスを上げられる。

クロスに笠原反応せず。河面クリア不十分。そしてオナイウ反転シュート。

 

色んな選手が決定的なミスではないものの、ちょっとずつ悪いプレーをして、最後に失点という大きな代償を払う羽目になった。

 

その後、CKからのマテウスのヘディングが決まり、同点にすることができた。

 

しかし後半マテウス2枚目のイエローで退場。

 

数分後、ゴール前に人数はそろっていたにもかかわらず、左サイドからカットインしてきた小野瀬に勝ち越しゴールを許す。そのまま試合終了。

 

 

開幕以来8試合連続失点。14失点はJ2で下から数えて3番目である。

試合を見ていると、ボランチが最終ラインに吸収されている場面が見られた。

2失点目もみんなゴール前にいて、バイタルエリアはすかすかだった。

私は以前から、ボランチの位置が良くない、と書いている。

中盤のフィルターがあまり機能していないので、ボランチが二人もいるのに中盤で相手が前を向いてプレーできることが多いのだ。

三門はすごく頑張っているのが分かるのだが、組織的な守備は構築できていない。

 

さらに言うと、得点パターンも少ない。

毎回書いているが、カウンターと長いパスが足りない。

遅攻しかない。

パサーがいないので、長いパスが出せないのは仕方ない。

しかしカウンターは戦術の問題だ。

ボール奪取地点が低いからカウンターが出来ないのだ。

その解消にはやはり、中盤のフィルター役の機能強化は必須となるだろう。

(あとマテウスのところの守備をどうするかという問題があるが・・・)

 

逆に言えば、ボランチの動きが改善しさえすれば、得点力が向上し、失点数が減る・・・一挙両得の効果が見込める。

石井監督にはボランチの枚数を増やすか、根本的に守備の仕方を考え直してもらいたい。

 

からかわれ上手の西片君

anond.hatelabo.jp

 

上記のエントリーを読んだ。

内容は「からかい上手の高木さんが不快」というもの。

「自分は "からかい上手の高木さん" を全巻購入し、大変なファンである」というスタンスを表明した上で、上記記事内に「不快」と感じた理由が書いていないので勝手に想像したい。そして自分が楽しめている理由を書いてみたい。

 

からかい上手の高木さん」は人によって好き嫌いの激しい作品なんだろうな、と思う。

上記エントリーに同調する反応として、以下のようなものがある。

 

自分もアレ嫌い アニメ以前にマンガから嫌い いじめじゃん

私も嫌い。 からかうレベル超えてる。

 

「高木さんの行為は『からかう』という表現で済むものではなく度を超したいじりであり、つまりいじめである」と認識されたのだろう。

 

高木さんの行為が過剰かそうではないか、については述べることはしない。

ここで言いたいのは、「からかい上手の高木さん」のキモは「高木さんのからかい」ではなく、「西片君の逆襲」にあるということだ。

 

西片君は状況判断が出来ない

からかわれてばかりの西片君は毎回高木さんに一泡吹かせようと画策し、毎回計画が破綻する。

西片君が「今回は高木さんに勝てる!」とかドヤ顔で言い出すと、たいてい次のページで強烈なカウンターを食らう。

f:id:outrec:20180411004051p:plain

↑この悪い顔から、↓この放心までたったの3コマである。

f:id:outrec:20180411004406p:plain

[電子版3巻107-108ページから引用]

 

西片君は状況判断ができないのだ。不利な状況なのに有利と誤認してしまうのだ。

それゆえに勝利を確信して突撃し、こっぱみじんに砕け散る。いとしい。

 

西片君は卑怯なことが出来ない

高木さんは常に即座にカウンターパンチを放って西片君をやりこめるわけではない。あえて溜めることがある。

例えば、3巻「逆上がり」の回。

西片君は逆上がりで勝負を仕掛けるものの、高木さんが逆上がりしているところを見ることを禁止されてしまう。高木さんがスカートをはいているからだ。この時点でもはや西片君に勝ちはない。「高木さんは本当に逆上がりしているのか?」と疑心暗鬼にかられた西片君は高木さんの逆上がりをのぞき見する。

するとスカートの下に短パンをはいた高木さんはちゃんと逆上がりをしていて、決めごとを破った西片君は自ら敗北を認めてしまう。

f:id:outrec:20180411012028p:plain

[電子版3巻101ページから引用]

西片君は「悪法も法なり」とばかりにルールを遵守するのだ。いとしい。

 

例えば、7巻「催眠術」の回。

西片君は高木さんが催眠術にかかったものと思い、鼻をほじらせることで辱めようとする。もちろん高木さんは催眠術にかかったふりをしているだけだ。

しかし。

f:id:outrec:20180411010308p:plain

[電子版7巻70ページから引用]

 

できない。西片君は思いとどまってしまうのである。西片君はフェアな条件で高木さんに勝ちたいのだ。いとしい。

 

西片君は勝利条件を分かっていない

西片君は高木さんに悔しい思いをさせようと躍起になっている。

西片君はそれを達成することが勝利なのだと思いこみ、「自分と同じ思いを高木さんにさせたい」とがんばっているのだが、実際のところ西片君は高木さんにごくまれに勝っているのだ。

「高木さんと帰りたかったし。」というセリフで高木さんが撃沈する5巻「クリティカル」の回。

旅行のお土産を渡して高木さんが素直に喜ぶ7巻「お土産」の回。

一緒に夏祭りに行かないか、と誘って高木さんが満面の笑みを浮かべる7巻「約束」の回。

f:id:outrec:20180411020428p:plain

[電子版7巻153-154ページから引用]

 

西片君はそういうときたいていそっぽを向いている。

だから高木さんのいつもと違う表情に気付けない。

自分がいつもと違う顔を高木さんにさせたことに気付けない。

そして勝てない頭脳戦を挑んで、返り討ちに遭う。いとしい。

 

西片君の魅力をお分かりいただけただろうか。

下手すると、西片君は高木さんよりかわいい。

西片君が全力で立ち向かうからこそ、「からかい上手の高木さん」は成立している。

からかい上手の高木さん」は「からかわれ上手の西片君」なのだ。

【J2大宮x松本(2018/04/01日)】攻守ともに進歩なし

大宮 2-3 松本

 

松本に3失点した後に、2点返して力尽きた。

1失点目は大宮左サイドを突破され、選手が集まったところで、右に展開。

走り込んできた前田にゴールを決められる。

奥井の詰めがだいぶ甘いように見えた。そのせいで普通にシュートを打たれた。

もう二歩くらい前に行けたのでは。

 

2失点目はCKをパウリーニョに決められた。競り合ったのはまたも奥井。奥井は2失点に絡んでしまった。

 

3失点目はセルジーニョ。大宮右サイドからクロス、ペナルティエリア内にいたセルジーニョがフリーでクロスをもらい、ゴールを決める。

「なんでこんなところで、どフリーになってるの!?」と思ったが、セルジーニョは中村と競り合うかに見せて、後ろに離れていた。中村は逆サイドのボールを見ていたので、セルジーニョが消えたことに気づけない。そしてフリーのセルジーニョにどんぴしゃのクロスが渡った。敵ながらあっぱれ、と言うしかない。

 

大宮の反撃の1点目は、FKで松本ゴール前に残っていた菊地に茨田からのロングフィード。それを頭で落とし、大前が拾ってゴール。

2点目は奥井のロングフィードを受けようとしたシモビッチが倒され、PK。

 

奥井を起用し、ひたすらアーリークロスをシモビッチと菊地に供給して、90分ずっとパワープレーしてる方が点が取れそう。 

 

上記の愚痴は熊本戦の後に書いたのだが、2点ともまさにそういう点の取り方だ。

相手を崩すことができていない。

それは攻撃が遅いからである。

カウンターがほとんどなく、相手が引いて守備の形が整ってから相手陣地に進入する。

こういう攻撃ばかりである。

それなら相手を崩すしかないのだが、ショートパスが多く、ただボールを持たされているだけ・・・となる場面が多い。

シモビッチに当てても近くに味方選手がいないため、こぼれ球を拾えない。

相手を崩せず、セットプレーで失点する。

毎回同じような試合を見せられているので、毎回同じようなことを書いているなあ。

 

それにしても守備の不安定さは深刻である。

しかし奥井の守備力は渡部ほどではなく、失点についてはある意味想定内。

だが、だったらもっと奥井の良さを活かす作戦を立ててほしい。

奥井からシモビッチ目がけて手当たり次第にロングボールを放り込む。シモビッチの周りにマテウスと大前を置いて、ボールを拾わせる。

人によっては「糞つまらん」と評されるサッカーだろうが、俺はこういうのが見たい。

もう「のんびりショートパス回し攻撃」は見たくないよ。