部屋の中から

会社を辞めてぷらぷらしている男が趣味について何か書いていくブログ

【日本対北朝鮮】配球役の不在

中盤にパサーがいない

 

縦に速い攻撃。

それがハリルホジッチ監督のテーマのはず。

しかし今日の試合では、それが全くできていなかった。

なぜか?

今の中盤は、ボールを狩る者しかいないからだ。

井手口は守備面では有能であるが、「いざカウンター」というときに前を向いてパスを出せない。

後ろを向いてボールをもらった後、すぐに北朝鮮の選手がチェックに来る。

すると井手口はバックパスでボールをディフェンダーに返す。

その間に、北朝鮮は守備陣形を整えてしまう。

井手口にビルドアップ能力がないのは今に始まったことではないので、今野と高萩がその役割を担っていたものと思われる。だが二人とも深く引いて守る北朝鮮ディフェンスを攻略できなかった。

中盤だけが無策だったわけではない。

引きこもる相手を前に金崎と倉野は立ちつくしたままだった。

足下のパスとワンツーだけで局面を打開しようとして、むなしく失敗し続けた。

小林はディフェンスの裏を取ろうとしていたが、主に左サイドで回っていたボールは右サイドの小林の所まで来ない。

この現象はE-1の急造Jリーグ寄せ集め代表だから起こったことだろうか。

否である。

井手口、山口を中心とした現代表の中盤は、最近の試合ではまともにビルドアップができていない。

以前の記事でも書いたが、「本田がインサイドハーフになってくれていたら」という思いが捨てきれない。