部屋の中から

会社を辞めてぷらぷらしている男が趣味について何か書いていくブログ

【サッカー代表戦】日本 対 UAE (2017/3/24)

日本 2 - 0 UAE

[良かった点]

  • 酒井宏のスルーパスを、飛び出した久保が受けて、角度のないところから見事に決めた。

 

  • 川島のスーパーセーブ。1点取った後、同点になりかねない危機を救った。バックパスを受けるときのトラップが大きい、というシーンが何回かあったので、「大丈夫か」と思って見ていたが、このセーブの後はとても安定した。川島は所属クラブで試合に出ていないとのことなので、点を取られていたらハリルホジッチ監督は猛烈な批判を受けていただろう。監督は賭けに勝った。

 

  • UAEディフェンス陣がボールを持っている久保を見ている中、その背後に回ってクロスを受けて、きっちり決めた今野。そして、フリーになった今野を見逃さずクロスを出した久保。ただ、今野はちょいちょいパスをミスしていたのが気になった。

 

  • 大迫は、芸術的と言って良いくらいボールを納めていた。このキープ力は全盛期の本田以上かもしれない。衰えたとはいえ、本田よりキープができる攻撃的な選手がいないのが日本のネックの一つだった。大迫の台頭は、代表における本田の存在感を決定的に消すのだろう。

 

  • 吉田の強さ。変なパスミスが一回だけあってピンチを作ったが、自らそのピンチを潰したので問題なし。

 

  • 山口のポジショニング。山口は相手選手に食いついたらどこまでもついていくので、山口がいるべきゾーンがすっかすかになることがよくあった。しかし、今日は中盤の底でアンカー役をきっちりこなして、中盤のフィルターになれていた。ダブルボランチではなく、一人でアンカーをやっている方が自分の持ち場を放棄しないように意識するのだろうか。

 

 

[気になった点]

  • 香川は攻撃面では特に印象に残らなかった。ただ、去年のような「やたら前のめりで、回りの選手と呼吸が全く合わない」ということはなく、淡々と前線とディフェンスの繋ぎ役をこなしていたし、プレスもかけていた。「トップ下」ではなく、「インサイドハーフ」として動いていたのなら正解なのかな。

 

  • 長友もまた、ほとんど攻撃には絡まなかったように思う。どちらかというと、右サイドからの攻めの方が多かったか。後半になって長友がぐわーっと上がりまくるのがとても好きなのだが、もうそのような活躍は見られないのだろうか。

 

  • 森重は心配。狙われていたのかは分からないが、UAEがフォワードにボールを預けてチャンスを作るときは、たいてい吉田ではなく、森重が見ている選手を選択していた。そしてしばしば森重は突破を許していた。そろそろ昌子が出てくるのではないか。

 

  • 特に後半、ディフェンスラインがやたら深かった気がする。UAEの前線の選手にちょくちょく前を向いてプレーさせていたので結果的に深くなってしまったのか、狙っていたのかは不明。プレスの開始位置も低かったので、狙っていたのかなあ。