部屋の中から

会社を辞めてぷらぷらしている男が趣味について何か書いていくブログ

【フロムダスクティルドーン】入ったら10分で帰りたくなるバーが、そもそも絶対入りたくないバーに変わるお話

この映画はクライムムービー、あるいはロードムービーである

極悪銀行強盗の兄セスと、倫理観のかけらもない性犯罪者の弟リッチーのゲッコー兄弟が出会う者を次々にぶち殺しながら、メキシコへの逃避行を続ける。

一方、元神父ジェイコブが、子供たちと共にキャンピングカーで旅行をしていた。

ジェイコブは妻が交通事故で苦しんで死ぬのを数時間見続けた結果、神を愛せなくなり、教義を捨てた。彼の子供である兄妹は、父を心配している。

その途中、親子はゲッコー兄弟と出会ってしまい、逃避行を成功させるために利用されることになる。

セスは高飛びの協力者と会おうと必死だが、そんなことはどうでもいいリッチーはジェイコブの娘をものにすべく、虎視眈々と狙っている・・・。

ここまで抜群に面白い。

そして物語の舞台は、件のメキシコのバー・Titty Twisterに移る。

 

この映画はクライムムービーでもロードムービーでもなかった

バイク乗りが店先で無意味にバイクを蛇行させ、トップレスの姉ちゃんたちが踊る中でトラック野郎が酒を飲み、よく分からない理由で殴り合い、なぜか股間に銃を装着していて鞭を振り回す男が他人の酒を奪う。

店の装飾はごてごてとしていて、屋内で炎が燃えさかる。

「うわー、こんなとこ行きたくねえー」と思いながら、ここでワル共に巻き込まれた一般人がどのような運命を辿るのかと見ていたら、いきなり店の従業員が吸血鬼になり、吸血鬼退治の共闘が始まる。

唐突な路線変換。

クライムムービー、ロードムービーかと思って見てたら、実はホラー(?)映画だった。

普通、父親の背景を考えたら「父は妻の死を乗り越えて、神を再び愛するようになる」とかそういう流れになるものだが、「元神父だから吸血鬼退治できるよな」である。

神父という属性をそういう風に使うの?

いわゆる「お約束」を訳の分からない形で破壊する映画だった。