読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋の中から

会社を辞めてぷらぷらしている男が趣味について何か書いていくブログ

【ミュシャ展】 物語性のある巨大絵画の迫力

ミュシャ展に行ってきた。

ミュシャというと、「縦長の枠に綺麗な女の人を描く人」ということくらいしか知らなかった。こんな感じの。

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61Q4tJuhoEL.jpg

 

しかし今回は、「スラブ叙事詩」がメインだという。

「スラブ叙事詩?何それ?」状態で見に行ったのだが、これが思いの外、良い展覧会であった。

 

 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/6/6f/Slovane_v_pravlasti_81x61m.jpg/1024px-Slovane_v_pravlasti_81x61m.jpg

[スラヴ叙事詩 - Wikipediaから引用]

 

巨大な絵画「スラブ叙事詩」新体験

最大で高さ6mx幅8mにもなる絵の中で、スラブ民族の人々が死んだり、戦ったり、勉強したり、仕事したり、権力闘争をしたり、そして栄光を掴んだりしている。

例えば、上のスクショは「原故郷のスラブ民族」という絵である。会場では一番始めに展示されているのだが、まず左下の庶民たちが怯えているのが目に入る。その上には雄叫びを上げる軍団がいる。右上では、神様みたいな人たちが宙に浮かんでいる。

「どういう状況なんだ」と各人物の物語に思いを馳せながら、首を回して絵を眺める。

「首を回して」と書いたとおり、めちゃくちゃでかい絵なので、絵の全景が一目では見られないのだ。

ぱっと見で絵を理解できた気分になれず、じっくりと絵の中の一つ一つの要素を確認せざるをえなくなる。

絵を一通り眺めた後に、絵の脇に置いてある説明文を読んで、もう一度絵に向かい合う。

こういう絵の見方はしたことがなかったので、新鮮だった。

「見る」というより「体験する」という感覚だ。

 

(なお「原故郷のスラブ民族」の説明文によると、古代、スラブ民族は他の諸民族の標的とされていた。左下には略奪者から逃げた人たちが描かれている。右上に描かれているのは、戦争の終結を願う祭司と平和を象徴する娘、戦士だそうである)

 

一部の絵は写真撮影も許可されていた。

f:id:outrec:20170422031020j:plain

 

図録もある 

あまりに良かったので、図録も買ってきた。

が、やっぱり実物の迫力には遠く及ばない。

f:id:outrec:20170422032613p:plain

結構重い。ちなみにAmazonでも売っていた。 

 

 

国立新美術館で開催中

スラブ叙事詩はアニメとか漫画とか見ていちいち深読みする人には、ぴったりはまるのではないかと思われる。

ミュシャ展は国立新美術館で6/5まで開催されている。

六本木に行ける人は、是非足を運ぶとよいと思う。

www.mucha2017.jp

 

腰が痛い

ひとつ難点をあげると、絵を見上げながら立ち続けるので、最後の方は腰が痛くなった。

会場内には椅子もあったので休憩しながら見たけれども、椅子の数はそれほど多くはないので休日は大変かもしれない。