部屋の中から

会社を辞めてぷらぷらしている男が趣味について何か書いていくブログ

【日本対ニュージーランド】山口蛍の成長

[キリンチャレンジカップ]

日本 2-1 ニュージーランド

 

後半5分: 1-0 NZ22番のハンドによるPKを大迫が決めた。

後半14分: 1-1 日本左サイドを突破され、クロスからのヘディングを決められた。

後半42分: 2-1 乾が左サイドからクロス。ファーの酒井宏が 折り返し、倉田秋が頭で押し込んだ。

 

やはり輝けなかった香川

決定力不足。今日の試合を一言で表すなら、こうなる。

勝つには勝ったが、よく言われる「決めるときに決めないと、後でしっぺ返しを食らう」という展開だった。

前半山ほどあったチャンスを全て外した。

雨のせいか、大迫も香川もシュートを枠内に飛ばすことができなかった。

キープ力が異常なレベルに達している大迫はともかく、香川はそろそろ前線の選手としては見切りをつけられてしまうだろう。

私はオーストラリア戦の記事で、以下のように書いたことがある。

http://heyanonakakara.hatenablog.com/entry/soccer/J20170831

大迫の周りをうろちょろする選手がほしい。
もしかすると、代表で全く輝けない香川は、大迫がパートナーならシャドーとして最適なのではないか?

そんなことはなかった。化学反応は全く生まれなかった。残念である。

 

サイドからのビルドアップが効果的だった

ただ、チャンスを数多く生み出したという点では、ビルドアップはうまくできていた、ということになる。

中盤は、井手口と山口のダブルボランチ、香川のトップ下という構成だった。

「この構成でボールを前に運べるのだろうか」と懐疑的に見ていたのだが、―特に前半は― ビルドアップに中盤は絡んでいなかった。

ビルドアップは、「センターバックからサイドバックにボールを渡す、あるいはウイングへフィード。その後、サイドバックとウイングが連係してサイドを突破し、ゴール前まで迫る」というやり方だった。

井手口と山口は、中央でバランスを取り、こぼれ球を拾う役割を担っていた。

ここのところ、ビルドアップは試合ごとにやり方が異なるので、今後もこのようにやっていくのかは分からない。

が、今年見た中では最もスムーズにチャンスを作れていたように思う。

 

不安点はある。このビルドアップはサイドの選手の技術とスピードにかなり依存するので、サイドを封じられたときにどうするのだろうか。

この懸念は、既に現実のものとなっている。後半はスタミナが切れたのか、サイドの突破が出来なくなり、乾が登場するまで劣勢になっていた。

最近、中央メインのビルドアップが成功した例は少ない。

 

山口蛍の成長

山口と言えば、「ボールホルダーに一旦食いつくと、ポジションを放棄してどこまでもついていき、自分の抑えるスペースをぽっかり空ける」というイメージが付いている。

私も去年まではそのように見ていた。実際「守りの局面で、フォワードを追い越して敵陣にまで行ってしまった」などということもあった。

しかし、今年になってから山口がバランスを崩壊させたシーンを見たことがない。

今日はダブルボランチなので、「バランスを取るのは井手口に任せてしまい、放浪する癖が復活するのではないか」と意地悪く見ていたが、二人できっちり中盤のフィルター役をこなしていた。

もう山口を語るとき、「ボールに食いついて離さない猟犬タイプ」とは言えない。

あとはもう少し視野が広くなり、パスを出せるようになるといいな。

【シザーハンズ感想】障害者をのけものにして全て丸く収まる話

ほんわか感動ストーリーと見せかけてからの、垂直落下式パイルドライバー

町の外れの城に一人でいる両手がハサミの人造人間エドワードを、ペグという婦人が家に連れて帰るところから話は始まる。

奇怪な人物を、地域は暖かく受け入れた。

しかし、純真無垢なエドワードは善悪の基準が曖昧で、その特技を悪意持つ人々にいいように利用され、誤解され、ついに危険人物と認識される。

エドワードは抗弁もせず、ただ静かに怒りと悲しみを自分のうちにため込んで、最後は城に帰る。

 

何も変わらない社会

彼を社会から排除して、社会に平和が戻った。

エドワードに盗みを働かせた男のせいで、エドワードは殺人を犯す羽目になった。

エドワードに盗みを働かせた女は、自分の悪事を告白することなく、自分の身を守った。

エドワードのことを「レイプ犯」と広めて回る女は、罪の意識もなく普通に生活を続ける。

エドワードのことを一貫して「悪魔」と罵っていた女は、自分の見識の確かさを誇る。

エドワードを最初に保護したペグすら、「城に戻れば、彼は平穏を得る」とさじを投げた。

すごい最後だ。

後日、エドワードに盗みを働かせた女は「エドワードが町に降りてきてから、町に雪が降るようになった」などと何だか美しくエドワードのことを語るが、結局のところ社会は何も変わっていない。

 

他人と異なる者の末路

劇中にてエドワードは「ハンディキャップ持ちと言わせるな」とアドバイスを受けるが、まさに彼は他人と違う手を持ち、教育も足りていない、身体的にも知的にも障害者として描かれている。

「そんな彼が社会になじむためには、特異性を速やかに捨て去るべきだったね」という割と救いのない寓話。

【ダンケルク感想】延々と続く緊張感。ダンケルクは戦場を舞台にしたパニックムービーだった。

3つの場面

ダンケルクは、3つの場面で物語が展開する。

ひとつは、ダンケルクの海岸から脱出しようとする兵士たちの物語

ひとつは、兵士たちを連れ帰るためにダンケルクに向かう民間船の物語

ひとつは、ドイツの爆撃機を追い払うためにダンケルクに向かう戦闘機の物語

 

必死に逃げる者と、必死に助けようとする者の物語

この中で、主軸となる物語はイギリス軍兵士の一人であるトミーの七転八倒の脱出劇である。

このトミーは劇中のどの場面でも、たいてい死にそうな目に遭っている。

様々な手段で故郷に帰ろうとするが、大体失敗する。

銃撃、爆発、そして海水がトミーを殺しにかかる。

 

一方、空と海から兵士たちの脱出を助けようとする者達がいた。

民間人でありながら、船長は兵士たちを救うために命を賭けてドーバー海峡を越えてダンケルクに向かう。

船の中でもまた、生と死の運命が交差する。

 

そして3機編成の戦闘機は救出作戦の援護をしようとするが、ドイツ空軍の抵抗に遭う。

 

その厳しい状況を見せつけられつつ、観客は重苦しいBGMと極大の効果音で更に煽られる。

それが100分以上続く。

その間、緊張しっぱなしである。

とても疲れた。

 

プライベートライアン」より「激突」に近い映画

ダンケルクは戦争映画ということになっているが、戦闘シーンは戦闘機のドッグファイトのみ。

あとは英仏の兵士たちがドイツ軍に一方的にやられるだけ。

彼らが撃たれたり、爆弾を落とされたりして、逃げまどう姿が描かれるが、ドイツ軍兵士は画面上に出てこない。

死者は山ほど出るが、戦争映画でよく見られる四肢が飛んだり、血が流れたり、といったシーンもほとんどない。

そのため、「戦闘シーン」と言うより、「避難シーン」と言った方が正しい。

ダンケルクは恐怖からの脱出を、緊張感をもって見守る映画である。

鑑賞後の印象は、「プライベートライアン」より、「激突」に近い。

 

IMAXについて

ダンケルクは音響が良い映画館で見るべき」という論調がある。

私はIMAXでこの映画を見たが、音については、個人的には「過剰」と感じた。

(IMAXでない)普通の劇場で見た方がいい。多分。

ンス北端ダンケルクに追い詰められた英仏連合軍40万人の

兵士。背後は海。陸・空からは敵――そんな逃げ場なしの状況でも、生き抜くことを諦めないトミー(フィオン・ホワイトヘッド)とその仲間(ハリー・スタイルズ)ら、若き兵士たち。

一方、母国イギリスでは海を隔てた対岸の仲間を助けようと、民間船までもが動員された救出作戦が動き出そうとしていた。民間の船長(マーク・ライランス)は息子らと共に危険を顧みずダンケルクへと向かう。英空軍のパイロット(トム・ハーディー)も、数において形勢不利ながら、出撃。こうして、命をかけた史上最大の救出作戦が始まった。果たしてトミーと仲間たちは生き抜けるのか。勇気ある人々の作戦の行方は!?

【日本対サウジアラビア】予選が終わり、本田も終わる。

日本 0-1 サウジアラビア

 

暑さに負けっ放しジャパン

ロシアワールドカップ・アジア予選最後の試合。

日本は惜しいシュートを何本も放ちながら、決めることは出来なかった。

後半になると暑さに負け、足が止まった。

サウジ19番のドリブルにきりきり舞いになり、そしてゴールをこじ開けられた。

イラク戦に続いて、中東の暑さにやられたと言える。

守備陣の中では、吉田の判断ミスが目立った。

イラク戦でも致命的なミスを犯した吉田は、ひょっとすると暑さに物凄く弱いのではないか?

願わくば、カタールワールドカップのために、この敗北をいかしてほしい。

 

本田をピッチの真ん中でずっと見ていたかった

中盤では、本田が精彩を欠いた。ボールのキープはできていた。しかし、その後の判断が遅く、パスを出してはカットされ、ドリブルしては止められた。

局面を打破するロングパスが最盛期には見られたものだが、長いパスにいたっては試みることさえなかった。

本田は攻撃志向が強すぎ、そのせいで選手寿命を縮めてしまったようだ。

本田は前線のポジションにこだわっているので、トップ下につけない場合、ウィングに回った。

しかし素人目から見ても、サイドの適性はあまりない。

本田は真ん中の選手なのだ。

トップ下に置いてもらえないなら、インサイドハーフあるいは守備的MFに下がってほしかった。

遠藤の後継者になってほしかった。

本田に守備力はないが、遠藤だってなかった。

そこはもう割り切って、他のボランチやアンカーに守備のタスクは押しつけてしまえばいいのだ。

その代わり、本田はビルドアップとミドルシュートでがんばる。

そういう日本代表が見たかった。

だが、もう代表で本田を見ることはなさそうだ。

本当に、非常に残念である。

【日本対オーストラリア】圧勝

日本 2-0 オーストラリア

 

1点目: 前半41分 左サイド長友の右足のクロスを、最終ラインをうまく抜け出してフリーになった浅野がボレー

2点目: 後半37分 原口が潰れながらもパスを出し、井手口がバイタルエリアに進む。そのまま強烈なミドルを放つ。

 

GK: 川島
DF: 酒井宏 吉田 昌子 長友
アンカー: 長谷部
インサイドハーフ: 山口 井手口
FW: 浅野 大迫 乾

 

 

酒井宏の守備が非常に安定していた。
代表の右サイドは内田の影がいつまでも消えなかったが、もはや右サイドのレギュラーとして押しも押されもしない存在となった。

インサイドハーフの山口はパスコースを消すことに腐心していたように見えた。
いつものような「敵に食いつき、ポジションを放棄して、そのスペースを利用されてピンチを作る」ということはなかった。

浅野は攻撃面で言うと得点シーン以外では、あまり効いているように見えなかった。
消えている時間をもっと減らしてほしい。
守備で頑張っていたので仕方ないのか。

大迫は本当にキープとポストプレーが見事で、芸術的とすら言える。
見ていて楽しいのだが、他の攻撃陣があまりそのポストプレーを活かせているように見えなかった。
大迫の周りをうろちょろする選手がほしい。
もしかすると、代表で全く輝けない香川は、大迫がパートナーならシャドーとして最適なのではないか?

【殺意を持っていない人がいない】凶悪

山田孝之ピエール瀧リリー・フランキーが出演する映画「凶悪」を、Amazonプライムビデオで見た。

 

あらすじ

「死刑囚・須藤が、週刊誌の記者・藤井に自らの余罪を話す。

藤井が事件の詳細を調べ、須藤を利用して殺人を重ねていた木村を告発する」

というのが大まかな話しの流れだ。

 

殺人に対する倫理観がぶっ飛んでいる二人

ヤクザの 須藤は、誰かに対して殺意を持ったら、本当に殺してしまう奴である。

普通の人だったら「人を殺してはいけない」と歯止めがかかるが、須藤にそんなストッパーはない。

不動産ブローカーの木村は、須藤に殺人や死体の後片付けを依頼するが、彼も傍観するのではなく嬉々として殺しに加わる。

この二人は分かりやすく「凶悪」だ。

だが、この映画に出てくる人物はそれぞれみんな凶悪な部分を持ち合わせている。

 

倫理観がぶっ飛んでいなくても、誰かに死んで欲しい他の人々

例えば、5000万もの借金を作った爺さんを殺すよう木村に依頼する家族がいる。爺さんは家に帰りたいと木村たちに懇願するが、家族は爺さんの帰宅を全く望んでいなかった。死んでもらわないと生き地獄が続くからだ。

生活苦のため爺さんに保険金をかけて殺して、借金を返すしかなかった。

 

また、藤井も正義の味方などではなかった。認知症の母の世話を妻に押しつけて、事件の真実を解き明かすのに没頭した。

妻からは、「母親をホームに預ける罪悪感から逃げているだけ」と糾弾される始末。

そして妻は、姑の介護に疲れ果て、姑の死を願った。

 

罪悪感の有無

罪悪感はこの映画のキーワードの一つだ。

罪悪感など感じない須藤や木村は、簡単に人を殺す。

爺さんの家族は罪悪感に押しつぶされそうになりながらも、生きるために人殺しを依頼する。

藤井は罪悪感から逃げて、その結果、妻が母の死を願うまでに追い詰められる。

罪悪感を持っていようが、なかろうが、等しくみんな誰かの死を必要としてしまう。

全く持って救いがない。

 

二人の死刑を望む藤井に、罪はあるのか?

藤井は調査が進むにつれ、須藤と木村の死刑、つまり国家による殺人を心底願うようになる。

藤井は収監された木村と面会する。面会場から木村が去ったあと、カメラが藤井の顔を正面から捉えて映画は終わる。

それはまるで藤井こそが牢獄に囚われているかのようだ。

 

はたして須藤も木村も藤井も、皆同じ穴のムジナなのだろうか。

私はそうは思わない。

 

しかしそう思うのは、私が死刑に反対していないからかもしれない。

とりとめもなく、この項を終える。

復讐ものだったのか[ゴースト/ニューヨークの幻]

評価が高い、月末でAmazonプライムビデオの閲覧期間が終了する、という理由で「ゴースト/ニューヨークの幻」を観た。

 

この映画のことは、ずっとクソ甘ラブストーリーかと思っていた。

それで観る気がしなかったのだが、実際観てみると男が女を守るために奮闘するお話だった。

「殺された主人公が、自分を殺した犯人の正体を掴み、ヒロインを守ろうとする」というのが話の大筋だ。

ただ残念なことに主人公の戦い方がまるでなっていない。

主人公とヒロインはちょいちょいピンチを迎えるのだが、自ら窮地に向かってつっこんでいく印象がある。

 

(犯人に気づいていないとはいえ)ヒロインが犯人に、主人公の協力者の情報を漏らしちゃうし。

主人公が犯人をおもしろ半分に脅したせいで、犯人が幽霊の存在を信じて、問題の解決に乗り出してしまうし。

あとちょっとで犯人が来ることが分かっている時に、主人公はヒロインと触れあうために人間の身体を借りる・・・。物語で一番のロマンティックな場面だ。でも人間の身体に入ったら、幽霊はしばらく動けなくなるんでしょ・・・? え・・・今、それやる?と、クライマックスで全然集中できなかったし。

 

ということで、犯人を打ち負かすことを楽しみに観ると、ちょっと落胆してしまう映画だった。

当たり前だ。そういう映画ではない。分かっている。分かってはいるが、そういう風にしか観ることができないんだ。

もっときちんと戦ってくれ。

最後に小学生男子みたいな感想を記して、この記事を終える。