読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋の中から

会社を辞めてぷらぷらしている男が趣味について何か書いていくブログ

【日本 対 タイ】ビルドアップはできなくて、決定力のある日本(2017/3/28)

サッカー サッカー代表戦

日本 4 - 0 タイ

 

日本は中盤抜きで4点を取った。

この試合には大きな特徴があった。まず得点の形を書く。

 

【1点目】
森重のロングフィードを久保が受ける。
久保から低いクロスがペナルティエリアに入れられ、岡崎に当たり香川が拾う。

フェイントして、タイDFを二人かわし身体をひねってニアにシュート!

 

【2点目】

長友からのロングフィードをセットプレイでゴール前に上がっていた森重がフリック、
久保が拾って、クロス。
岡崎がヘディングシュート!

 

【3点目】

酒井宏からの長いスローインを受けて、久保がバイタルに進入してミドルシュート

 

【4点目】

清武のCKを吉田がヘディングシュート!

 

 

4点も取ったのに、「パスで崩してゴール」という形は一つもない。

中盤をすっ飛ばしてのシュートか、セットプレーによるものである。

 

タイのディフェンスの前に、ビルドアップは乱れた。

主にボランチの酒井高がディフェンダーからボールを受けて、前線に届けようとしていたが、大体失敗した。

酒井高だけではない。もう一人のボランチの山口や右SB酒井宏も、ビルドアップで苦戦した。

岡崎、久保、原口、香川は、攻撃が始まるとかなり高めに位置していた。だが、彼ら前線の選手と酒井高・山口の間には、常にタイの二列目が陣取っていた。

また、タイのFWがしつこく酒井高や山口にプレスをかけていた。

つまり、日本の4-2-3-1の、4-2と3-1が、分断されているような状況だった。

これでは酒井高たちはチャンスを作れない。

無理な形の攻撃を仕掛けざるをえず、ボールロストを繰り返した。

 

日本代表の新しい形

しかし、時折日本にチャンスが訪れる。

日本はショートパスをつなげないので、チャンスを作るには中盤をすっ飛ばして、前線の選手にボールを放り込むしかなかった。それが成功するときは、シュートまで持って行けた。すると、高確率で決めてしまうのである。なんという決定力。

ビルドアップができないなら、ロングフィードがあるじゃない。決定力もあるでよ。

これが日本代表の新しい形か。ハリルホジッチ監督の目指す縦に速いサッカーが、今日の試合なのだろうか。

 

(余談1)疑問点

日本の攻撃は縦に間延びしすぎていたような気がする。

岡崎、久保、原口は頻繁にディフェンスの裏を狙っていたので、そのせいだから仕方ないものとして割り切って良いのかもしれない。

だが、それにしてはロングフィードの試行回数が少なかった。そこらへんにちぐはぐしたものを感じる。

前線への配球を森重、吉田にもっと任せてもよかったのではないか。成功率も良かったし。

 

(余談2)タイのディフェンスの仕方は良かった。攻撃はひどかった。

ずーっと、タイの二列目は嫌なところに位置し続けていた。4点取られたとはいえ、日本の中盤封じに特化した、ある種の美しさを感じた。一方、攻撃がよろしくないので、あっという間にボールを奪い返せてしまい、その結果日本は延々とビルドアップを失敗し続けることができた。

 

(余談3)川島ああああ!すごい・・・

今日も前半終了直前のCKからのシュートを防ぎ、後半6分のシュートも横っ飛びではじき、PKも止めて、確変川口みたいな大活躍。Jに戻って、試合に出てほしい。

NIOH仁王ボス攻略メモ19 (近江篇6-百目)

ゲーム 仁王

メインミッション: 女王の目

ボス: 百目

 

  1. 錫で殴ってくる
  2. 肩口から生えた二つの目から、Vの字に光線を発射する
  3. 赤い氷のようなものを発射する
  4. 目を宙に浮かべて、光線を発射する

 

1. 錫で殴ってくる

回避して背後を取り、斬る。背後に回ると、触手で殴ってくるので、数回斬ったら離れる。

 

2. 肩口から生えた二つの目から、Vの字に光線を発射する

走って百目の横や後ろに回り込むと、避けられる。

 

3. 赤い氷のようなものを発射する

これも走っていると、避けられる。

 

4. 目を宙に浮かべて、光線を発射する。

光線は横ステップで避けられる。無数の目を切り、消していく。目は一つだけ残して、百目を斬る。

 

体力減少後

目を宙に浮かべる攻撃をしてくるのだが、目の数が増える。光線を避けるのが難しい。

さらに赤い氷のようなものも一緒になって撃ってくる。目を斬って、早めに目の数を減らす。

NIOH仁王ボス攻略メモ18 (近江篇5-ヤマタノオロチ)

ゲーム 仁王

メインミッション: 魔王耀変

ボス: ヤマタノオロチ

 

非常にやっかいな敵だった。

七つの首を倒すと、クリア。

視界の外から攻撃してくるのは勘弁してほしい・・・。

 

1. 第1の首

まず右後方の限界まで、下がる。ヤマタノオロチ1匹目の攻撃パターンは、以下の通り。

  • まっすぐ噛みついてくる
  • 首をブン回してくる
  • 光線を吐く
  • 光の球を飛ばしてくる

 

全部、横にローリングして避ける。避けたら、首に近づいて、斬る。これを繰り返す。

 

2. 第2の首と第3の首

第1の首の体力を無くすと、第2の首と第3の首が同時に出てくる。攻撃パターンは第1の首と同じだが、2つの首が一緒に攻撃してくるので避けるのが難しい。攻撃は少しずつずれているので、ロックオンしないで、2つの首の動きをよく見て避ける。

避けてから、どちらかの首に攻撃しに行く。その首の体力が無くなる寸前で攻撃をやめる。そして、もう一方の首を攻撃し、倒す。その後、体力をあらかじめ削っておいた首を急いで倒す。克金符で防御力を下げておくとよい。

 

[片方の首の体力が無くなる寸前で攻撃をやめる理由]

ヤマタノオロチの首を2つ倒すと、残りの首が全部現れて、一斉に攻撃してくる。ヤマタノオロチ戦でここが、一番辛い。首が5本残っていると、どれか一つの首を相手にしているとき、真後ろからも攻撃されてしまい、イライラは最高潮に達する。

したがって、第2の首を倒した後、速攻で第3の首を一気に倒す。これで真後ろからの攻撃はなくなる。

 

3. 第4の首~第6の首

先に書いたとおり、首を2本倒すと、残りの首が全部出てくる。時計回りに首を倒していく。ここまで来れば、適当に動いて首の攻撃をかわし、首をひとつずつ倒すことは難しくない。あまり欲張らず、一つの首を2-3回斬ったら離れることで、他の首からの攻撃を避けることができる。

 

4. 最後の首

首が1本になると、特別な首になる。上記の攻撃パターンに加え、針を吐いてきたりするようになる。が、特に問題なく、避けて攻撃できるはず。

 

最初のうちは、なんだかよく分からないうちに死ぬので、体力0時に復活させてくれる朱雀を守護霊にするとよい。また、変わり身の術の巻物も使いたい。ただし、変わり身の術が発動した状態で死んで、朱雀で復活すると、変わり身の術の効果が消える。

したがって、アムリタゲージがマックスになっている、あるいはマックスになりそうな場合は、朱雀復活が発生した後に、変わり身の術を使う。

NIOH仁王ボス攻略メモ17 (近江篇4-ケリー)

ゲーム 仁王

メインミッション: 魔王耀変

ボス: ケリー

 

ケリーの攻撃パターン

  1. 突き
  2. 消える  > 突如現れて、突き
  3. 魔法陣を描く > ウィリアムの足下から蛇が突き上がる
  4. 蛇を放ってくる
  5. 自分の周囲に炎をまき散らす
  6. 自分の周囲に陣を張って、蛇を頭上に放つ

 

1. 突き / 2. 消える > 突如現れて、突き

ケリーに対しては、この二つの突きを横か後ろにステップしてかわして、攻撃する。

 

3. 魔法陣を描く > ウィリアムの足下から蛇が突き上がる

ケリーが魔法陣を描いたら、走る。すると蛇は当たらない。歩いているだけだと、当たる。

 

4. 蛇を放ってくる

横ステップでかわす。

 

5. 自分の周囲に炎をまき散らす/ 6. 自分の周囲に陣を張って、蛇を頭上に放つ

あまりに近寄りすぎてなければ当たらない。技を出した後は結構長い間、攻撃判定が残るので、隙だらけだからといって、近寄らないようにする。

NIOH仁王ボス攻略メモ16 (近江篇3-織田信長)

ゲーム 仁王

メインミッション: 魔王耀変

ボス: 織田信長

 

織田信長の攻撃パターン

  1. 風(緑): 四方に衝撃波を放つ
  2. 氷(青): 氷を発射してくる
  3. 火(赤): 消える > 天井からの落下攻撃/
  4. 雷(黄): 七発の落雷
  5. 土(紫): 踏むと爆発する地雷を設置する

 

信長は刀で斬りつけてくるか、守護霊を取り替えて、様々な属性攻撃を仕掛けてくる。

基本的には、信長の前面に位置し、刀での攻撃を信長の方に向かって回転して避け、背後を取り、数回斬る。これを繰り返せばよい。以下、属性攻撃の対処の仕方をメモしておく。

 

1. 風(緑): 四方に衝撃波を放つ

信長が腰に手をやると、四方に衝撃波を放つ。三成と同じ技か。

信長が腰に手を持っていったら、横にローリングする。それで避けられる。

 

2. 水(青): 氷を発射

横に走っていれば、当たらない。奥さんだった雪女と同じ攻撃。

 

3. 火(赤): 天井からの落下攻撃

信長が消えたら、すぐにステップして移動すれば当たらない。信長は自分の敵であった雑賀の技も取り込んでしまう。

 

4. 雷(黄): 七発の落雷

七発も雷を落としてくる。移動すれば当たらない。鵺と同じ攻撃だが、鵺より回数が多い。

勝つためなら妖怪の技すら厭わない。さすがは開明的な信長である。

 

5. 土(紫): 踏むと爆発する地雷を設置する

地雷の間で戦うか、あえて地雷を踏む。すぐステップすればダメージを受けない。

これは誰の技なのだろう。ちょっと思い出せない。人の技をパクりまくっている信長さんのオリジナル技か?

NIOH仁王ボス攻略メモ15 (近江篇2-漆黒のサムライ)

ゲーム 仁王

メインミッション: 佐和山のサムライ

ボス: 漆黒のサムライ (ヤスケ)

 

槍で突っついていれば、割と簡単に倒せる。

 

間合い: 遠目の間合いを保つ

武器: 槍(中段)

 

[漆黒のサムライの攻撃パターン]

  1. 斧で連続攻撃
  2. 刀で連続攻撃

 

1. 斧で連続攻撃

斧で攻撃してくるので、ステップして避ける。

コンボの終わりに槍の強い攻撃を当てる。

近寄らなければ、避けやすい。

 

2. 刀で連続攻撃

体力が減ると、斧を刀に持ち替える。

これもコンボの終わりに槍の強い攻撃を当てるだけ。

ただし、漆黒のサムライが腰に手をやったら、要注意。居合いで高速で近寄って斬りかかってくるので、避ける準備をする。気にすべきことはそれだけ。

 

【サッカー代表戦】日本 対 UAE (2017/3/24)

サッカー代表戦 サッカー

日本 2 - 0 UAE

[良かった点]

  • 酒井宏のスルーパスを、飛び出した久保が受けて、角度のないところから見事に決めた。

 

  • 川島のスーパーセーブ。1点取った後、同点になりかねない危機を救った。バックパスを受けるときのトラップが大きい、というシーンが何回かあったので、「大丈夫か」と思って見ていたが、このセーブの後はとても安定した。川島は所属クラブで試合に出ていないとのことなので、点を取られていたらハリルホジッチ監督は猛烈な批判を受けていただろう。監督は賭けに勝った。

 

  • UAEディフェンス陣がボールを持っている久保を見ている中、その背後に回ってクロスを受けて、きっちり決めた今野。そして、フリーになった今野を見逃さずクロスを出した久保。ただ、今野はちょいちょいパスをミスしていたのが気になった。

 

  • 大迫は、芸術的と言って良いくらいボールを納めていた。このキープ力は全盛期の本田以上かもしれない。衰えたとはいえ、本田よりキープができる攻撃的な選手がいないのが日本のネックの一つだった。大迫の台頭は、代表における本田の存在感を決定的に消すのだろう。

 

  • 吉田の強さ。変なパスミスが一回だけあってピンチを作ったが、自らそのピンチを潰したので問題なし。

 

  • 山口のポジショニング。山口は相手選手に食いついたらどこまでもついていくので、山口がいるべきゾーンがすっかすかになることがよくあった。しかし、今日は中盤の底でアンカー役をきっちりこなして、中盤のフィルターになれていた。ダブルボランチではなく、一人でアンカーをやっている方が自分の持ち場を放棄しないように意識するのだろうか。

 

 

[気になった点]

  • 香川は攻撃面では特に印象に残らなかった。ただ、去年のような「やたら前のめりで、回りの選手と呼吸が全く合わない」ということはなく、淡々と前線とディフェンスの繋ぎ役をこなしていたし、プレスもかけていた。「トップ下」ではなく、「インサイドハーフ」として動いていたのなら正解なのかな。

 

  • 長友もまた、ほとんど攻撃には絡まなかったように思う。どちらかというと、右サイドからの攻めの方が多かったか。後半になって長友がぐわーっと上がりまくるのがとても好きなのだが、もうそのような活躍は見られないのだろうか。

 

  • 森重は心配。狙われていたのかは分からないが、UAEがフォワードにボールを預けてチャンスを作るときは、たいてい吉田ではなく、森重が見ている選手を選択していた。そしてしばしば森重は突破を許していた。そろそろ昌子が出てくるのではないか。

 

  • 特に後半、ディフェンスラインがやたら深かった気がする。UAEの前線の選手にちょくちょく前を向いてプレーさせていたので結果的に深くなってしまったのか、狙っていたのかは不明。プレスの開始位置も低かったので、狙っていたのかなあ。