部屋の中から

会社を辞めてぷらぷらしている男が趣味について何か書いていくブログ

【殺意を持っていない人がいない】凶悪

山田孝之ピエール瀧リリー・フランキーが出演する映画「凶悪」を、Amazonプライムビデオで見た。

 

あらすじ

「死刑囚・須藤が、週刊誌の記者・藤井に自らの余罪を話す。

藤井が事件の詳細を調べ、須藤を利用して殺人を重ねていた木村を告発する」

というのが大まかな話しの流れだ。

 

殺人に対する倫理観がぶっ飛んでいる二人

ヤクザの 須藤は、誰かに対して殺意を持ったら、本当に殺してしまう奴である。

普通の人だったら「人を殺してはいけない」と歯止めがかかるが、須藤にそんなストッパーはない。

不動産ブローカーの木村は、須藤に殺人や死体の後片付けを依頼するが、彼も傍観するのではなく嬉々として殺しに加わる。

この二人は分かりやすく「凶悪」だ。

だが、この映画に出てくる人物はそれぞれみんな凶悪な部分を持ち合わせている。

 

倫理観がぶっ飛んでいなくても、誰かに死んで欲しい他の人々

例えば、5000万もの借金を作った爺さんを殺すよう木村に依頼する家族がいる。爺さんは家に帰りたいと木村たちに懇願するが、家族は爺さんの帰宅を全く望んでいなかった。死んでもらわないと生き地獄が続くからだ。

生活苦のため爺さんに保険金をかけて殺して、借金を返すしかなかった。

 

また、藤井も正義の味方などではなかった。認知症の母の世話を妻に押しつけて、事件の真実を解き明かすのに没頭した。

妻からは、「母親をホームに預ける罪悪感から逃げているだけ」と糾弾される始末。

そして妻は、姑の介護に疲れ果て、姑の死を願った。

 

罪悪感の有無

罪悪感はこの映画のキーワードの一つだ。

罪悪感など感じない須藤や木村は、簡単に人を殺す。

爺さんの家族は罪悪感に押しつぶされそうになりながらも、生きるために人殺しを依頼する。

藤井は罪悪感から逃げて、その結果、妻が母の死を願うまでに追い詰められる。

罪悪感を持っていようが、なかろうが、等しくみんな誰かの死を必要としてしまう。

全く持って救いがない。

 

二人の死刑を望む藤井に、罪はあるのか?

藤井は調査が進むにつれ、須藤と木村の死刑、つまり国家による殺人を心底願うようになる。

藤井は収監された木村と面会する。面会場から木村が去ったあと、カメラが藤井の顔を正面から捉えて映画は終わる。

それはまるで藤井こそが牢獄に囚われているかのようだ。

 

はたして須藤も木村も藤井も、皆同じ穴のムジナなのだろうか。

私はそうは思わない。

 

しかしそう思うのは、私が死刑に反対していないからかもしれない。

とりとめもなく、この項を終える。

復讐ものだったのか[ゴースト/ニューヨークの幻]

評価が高い、月末でAmazonプライムビデオの閲覧期間が終了する、という理由で「ゴースト/ニューヨークの幻」を観た。

 

この映画のことは、ずっとクソ甘ラブストーリーかと思っていた。

それで観る気がしなかったのだが、実際観てみると男が女を守るために奮闘するお話だった。

「殺された主人公が、自分を殺した犯人の正体を掴み、ヒロインを守ろうとする」というのが話の大筋だ。

ただ残念なことに主人公の戦い方がまるでなっていない。

主人公とヒロインはちょいちょいピンチを迎えるのだが、自ら窮地に向かってつっこんでいく印象がある。

 

(犯人に気づいていないとはいえ)ヒロインが犯人に、主人公の協力者の情報を漏らしちゃうし。

主人公が犯人をおもしろ半分に脅したせいで、犯人が幽霊の存在を信じて、問題の解決に乗り出してしまうし。

あとちょっとで犯人が来ることが分かっている時に、主人公はヒロインと触れあうために人間の身体を借りる・・・。物語で一番のロマンティックな場面だ。でも人間の身体に入ったら、幽霊はしばらく動けなくなるんでしょ・・・? え・・・今、それやる?と、クライマックスで全然集中できなかったし。

 

ということで、犯人を打ち負かすことを楽しみに観ると、ちょっと落胆してしまう映画だった。

当たり前だ。そういう映画ではない。分かっている。分かってはいるが、そういう風にしか観ることができないんだ。

もっときちんと戦ってくれ。

最後に小学生男子みたいな感想を記して、この記事を終える。

【日本対イラク】37度はサッカーをする温度じゃない

日本 1-1 イラク

 ・ 日本1点目: 本田のCKから大迫のヘディング

 ・イラク1点目: 吉田が川島に渡そうとしたボールをかっさらわれて失点

 

暑すぎるとボンヤリするのは分かる

 

端的に言うと、気温に負けた、という試合だった。

日本の選手の判断力がいつもより落ちていたように感じた。

日本はいつもより「シュートを打てる」という場面でドリブルやパスを選択することが多かった。

また、失点シーンも、あのごちゃついていたゴール前でやるべきプレイではなかった。

高地、高温、体力消耗という極限状態で判断能力が鈍ってしまったのだと思われる。

この結果はもう仕方がない。

ハリルホジッチ監督には、この苦い経験を9月に行われるサウジアラビアのアウェイ戦で活かしていただきたい。

 

ビルドアップができていた

良かった点を挙げるならば、ここ2試合で見られたビルドアップ不全が解消されたことだ。

とりあえずゴール前まではボールを運べるようにはなっていた。

これは主に本田の功績だろう。

本田は右WGの選手だが、中に入ってくる分、ビルドアップに絡みやすい。

また、中にいるということは、サイドに追いやられて、パスコースがなくなるということも防げる。

そしてサイドでボールを持ったときも何とかして前を向くことができていた。

更にトップ下の原口もビルドアップに参加していたことも大きい。

最近よく見られた中盤以下と前線の分断が、この試合では発生していなかった。

 

誰がリンクマンになるのか明確に指名しなければいけないのでは?

 

この試合で分かったことは、「本田を使わないなら、中盤と前線をつなぐリンクマンの代役が必要」ということだ。

今までは本田がいたので、勝手にボールに触って、運んでいてくれた。

が、だんだん本田がスタメンから追いやられている現状、今後は誰かが本田の代わりとしてプレイしなければならない。

誰かが「おれが前線にボールを供給する」という意識をはっきりと持たないと、ビルドアップ不全が再発する可能性は十分ある。

おそらく、その「誰か」とは香川になるのではないだろうか。

本田のポジションを奪っている久保は、よりゴールゲッターとしての性格が強い。

パス能力があり、後ろからのパスを受けて、ずばっとターンして前を向けるのは香川くらいだろう。

しかし、香川もトップ下にいると攻撃意識が高まりすぎて、ビルドアップにはあまり参加しない。(少なくとも代表では)

したがって、香川はインサイドハーフとして出場してほしい。

 

ただ、香川でなくとも良い。原口にも務まるはずだ。

とにかく本田がいないときは、誰が前線と中盤をつなぐ役割を担うのか、それをはっきりさせる必要はあると思う。

 

(余談1)昌子と倉田

シリア戦よりも動きが良かった。

このまま慣れていってほしい。

 

【日本対シリア】タイ戦に引き続き、ビルドアップができない。それなのにロングフィードも消えた。

日本 1-1 シリア

[シリア1点目] クロスからヘディング

[日本1点目] 長友のクロスから今野が押し込む

 

日本の新しい病

日本は新しい病を抱えてしまったようである。

中盤の底でボールが止まり、前線にボールを届けることができないのだ。

今日の中盤は、試合開始直後に香川が負傷退場し、山口・今野・途中出場の倉田という組み合わせだった。

シリアは前回のタイと同様、日本のミッドフィールダーに積極的にプレスをかけてきた。すると日本はビルドアップができなくなる。

「中盤にボールが渡る > プレスがかかる > バックパスで戻す」、

中盤にボールが渡る > プレスがかかる > 久保などサイドの選手にボールを渡す > そこにもプレスがかかる > 手詰まり」

というシーンがよく見られた。

 

ビルドアップができないのに、なんで長いパスがないの?

タイ戦でもビルドアップはメチャクチャな状態だったが、DFからのロングフィードが打開策となった。吉田や森重などから時折、ロングフィードが前線の選手に通り、チャンスが生まれた。

しかしこの試合では、ロングフィードを仕掛けることは少なかった。タイ戦でも多くはなかった。しかし更に減った。

なぜ?監督の指示?

 

そして縦パスも少なかった。吉田が数本通したくらいか。

サイドチェンジもなかった。

とにかく長いパスが少ない。縦に速いサッカーはどこに行ったのか。

 

大迫は凄い(こなみかん)

大迫による異常な精度のポストプレーだけが数少ないチャンスを演出した。

久保はミスを繰り返し、完全に死んでいた。どこか悪かったのだろう。

 

「前線と中盤の分断」を解決できるのは長谷部だけ?

後半になり、本田や乾が交代で入り、攻勢に出られるようになった。しかし、それは日本の選手交代の成果というよりは、シリアのプレスが後半10分くらいからかからなくなったおかげだと思う。

 

 

今日は4-3-3のフォーメーションのうち、後ろの4-3と前の3が分断されていた。タイ戦でも4-2と1-3が分断されていた。

守備的MFにプレスがかかるだけでビルドアップが機能不全を起こす問題は、早急に解決する必要がある。解決してください。

もしかして、長谷部が戻ってくるまでこのままなのだろうか。

・・・ハリルホジッチ監督の手腕に期待しよう。

 

(余談1)昌子

有り体に言って、ひどかった。しかし昌子の実力はこんなものではない、でしょ?とても期待している。今日は慣れていなかっただけと思いたい。しかし、こんな調子が続くようなら、森重にポジションを取り返されてしまうだろう。

 

(余談2)倉田と今野

倉田はアンカーの隣にいるだけだった。次回の出場はあるのだろうか。

今野は倉田よりは前線にも顔を出していた。ただ、今日は点を取ったというだけで、存在感は薄かった。

 

(余談3)本田

本田は前目の選手としてはもう下り坂。でも僕は前から本田が遠藤の後継者になってくれないものか、と思っていた。

中盤としては復活できる。フィジカル、キープ力なら遠藤より上だ。視野も広いし、パス能力も今の中盤の誰よりも持っている。DFから受けたボールをきっちり前線まで配球できるだろう。

本田を左インサイドハーフとして使ってほしい。DFとFWをつなぐ役割を本田ならこなせる。

縦に速いサッカーとは真逆の選手とみなされがちだが、意外といけるはずと僕は思っている。

自作が嘲り笑われたとき、作家はどのように傷つくのか [妹さえいればいい。7]

[以下、ネタバレ満載]

 

 

6巻で進展した伊月と那由多の関係は、本巻ではあっさりと更に先へと進む。

恋愛における一大イベントが、ほとんど溜めもなくノーモーションで放たれる様を読むにつけ、今後急激な暗転が待ちかまえてるに違いないと邪推してしまう。

この二人は別れてしまうのだろうか。

 

しかしそれはそれとして、本巻のメインイベントは「関ヶ原幽がいかに亡くなったのか」だろう。

小説を面白くするための努力を嘲笑われることに悩んで、それでも最期まで読者を信じて、関ヶ原幽の生涯は閉じた。

妹さえいればいい。」の巻末には「この作品はフィクションであり実在の人物、団体、および作者の主義主張や性癖は一切関係ありますん。」と書かれている。「ありますん」をどう捉えればいいのか分からないが、僕は作者・平坂読関ヶ原幽をある程度同一視してしまった。

 

前作のはがないは、connect がひとつの転機だった。connectは登場人物の背景を深く掘り下げた。connect以降はだいぶ作風がシリアス寄りになり、その変化を嫌った読者がアンチ化する様子もネット上でちらほら見かけた。また、あまりラノベも一般小説も読んでいないと思われるネット民がフォント芸やらバスの座席表やらを馬鹿にもしていた。

 

作者は自身への罵声に真正面から向かい合い、幽のように傷ついていったのだろうか。

そして幽のように読者を信じ、はがない最終刊を送り出したのだろうか。

幽と違い、作者は最終刊の刊行後ももちろん存命であり、反響も受け取ったはずだ。

それに対してどのように感じたのだろうか。

 

おそらく伊月はアニメ放映後に、幽と同じような試練を受ける。そこで僕が抱いた疑問に対して、何らかの回答が示されることになるのだろう。

 

なおタイトルに反して、7巻でも妹の存在感は相変わらず薄いままだ。しかし千尋は不発弾だ。いつかとんでもない爆発をするときが待ち遠しい。

【ミュシャ展】 物語性のある巨大絵画の迫力

ミュシャ展に行ってきた。

ミュシャというと、「縦長の枠に綺麗な女の人を描く人」ということくらいしか知らなかった。こんな感じの。

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61Q4tJuhoEL.jpg

 

しかし今回は、「スラブ叙事詩」がメインだという。

「スラブ叙事詩?何それ?」状態で見に行ったのだが、これが思いの外、良い展覧会であった。

 

 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/6/6f/Slovane_v_pravlasti_81x61m.jpg/1024px-Slovane_v_pravlasti_81x61m.jpg

[スラヴ叙事詩 - Wikipediaから引用]

 

巨大な絵画「スラブ叙事詩」新体験

最大で高さ6mx幅8mにもなる絵の中で、スラブ民族の人々が死んだり、戦ったり、勉強したり、仕事したり、権力闘争をしたり、そして栄光を掴んだりしている。

例えば、上のスクショは「原故郷のスラブ民族」という絵である。会場では一番始めに展示されているのだが、まず左下の庶民たちが怯えているのが目に入る。その上には雄叫びを上げる軍団がいる。右上では、神様みたいな人たちが宙に浮かんでいる。

「どういう状況なんだ」と各人物の物語に思いを馳せながら、首を回して絵を眺める。

「首を回して」と書いたとおり、めちゃくちゃでかい絵なので、絵の全景が一目では見られないのだ。

ぱっと見で絵を理解できた気分になれず、じっくりと絵の中の一つ一つの要素を確認せざるをえなくなる。

絵を一通り眺めた後に、絵の脇に置いてある説明文を読んで、もう一度絵に向かい合う。

こういう絵の見方はしたことがなかったので、新鮮だった。

「見る」というより「体験する」という感覚だ。

 

(なお「原故郷のスラブ民族」の説明文によると、古代、スラブ民族は他の諸民族の標的とされていた。左下には略奪者から逃げた人たちが描かれている。右上に描かれているのは、戦争の終結を願う祭司と平和を象徴する娘、戦士だそうである)

 

一部の絵は写真撮影も許可されていた。

f:id:outrec:20170422031020j:plain

 

図録もある 

あまりに良かったので、図録も買ってきた。

が、やっぱり実物の迫力には遠く及ばない。

f:id:outrec:20170422032613p:plain

結構重い。ちなみにAmazonでも売っていた。 

 

 

国立新美術館で開催中

スラブ叙事詩はアニメとか漫画とか見ていちいち深読みする人には、ぴったりはまるのではないかと思われる。

ミュシャ展は国立新美術館で6/5まで開催されている。

六本木に行ける人は、是非足を運ぶとよいと思う。

www.mucha2017.jp

 

腰が痛い

ひとつ難点をあげると、絵を見上げながら立ち続けるので、最後の方は腰が痛くなった。

会場内には椅子もあったので休憩しながら見たけれども、椅子の数はそれほど多くはないので休日は大変かもしれない。

 

"正解するカド" は未知に対抗する人類を描く傑作になりそうな予感

正解するカド

 

羽田空港に現れた謎の立方体!

 

立方体に飲み込まれた旅客機!

 

日本政府はありとあらゆる手段で立方体の中の旅客機を助けようとするが、立方体は人類の技術では全く壊せそうにない。

理論物理学者の品輪がわりとぶっ飛んでて、最終的に戦車まで持ち出すが、何も効果無し。

 

でも、旅客機には凄腕の交渉官・真道が乗っているぞ!

多分真道が何とかするんじゃないの、と思いつつ、「誰と交渉するんだ?」という疑問も出てくる。

 

真道を心配する夏目(30)(CV伊藤静)がかわいい。

 

最後に渚君みたいな異星人ヤハクィザシュニナが真道と共に出てきて、1話終了。

 

すごくわくわくしましたね。

二つの要素で興奮させられますね。

 

1. 謎の立方体は一体何なのか?

「1話にして色々な調査をして、何も効果がない」ということが逆に「じゃあ、これからどうするの?」という好奇心をかき立てられます。

シンゴジのように政府が一丸となって、未知に立ち向かうのが興奮する。

 

2. 真道に対する期待感

真道がめちゃくちゃ有能であると作中で強調されている。

立方体の中に真道がいるんだから、彼が何とかしてくれるのではないかという期待感がふくらみ、そして最後に謎の存在ヤハクィザシュニナと共に立方体から出てくる。

 

「なんなんだ、この立方体は」「誰なんだ、ヤハクィザシュニナ」

ヤハクィザシュニナは何が目的で地球に来たのか、そして彼に対して真道はどう交渉していくのか興味は尽きない。

 

 

2話では、ヤハクィザシュニナと真道の最初の接触のシーンが描かれたが、相変わらずヤハクィザシュニナの目的はいまいちはっきりしない。

 

最後にもう一度言うが、真道を心配する夏目(30)(CV伊藤静)がかわいい。出番は少なそう。残念。

 

 Amazonビデオでは、機中で真道と花森が話していた用地買収のエピソードを描く第0話が観られるので、みんな観るといいよ。

www.amazon.co.jp